お気軽にお電話ください。075-353-4116 075-353-4116
menu
  1. Home
  2. 遺産隠し使込みが不安な方

遺産隠し使込みが不安な方

隠された遺産を調査する方法

このページでお伝えしたいこと

  1. 遺産隠しとは何か?
  2. 隠された遺産を調査する方法
  3. 1000万円以上の遺産隠しを発見した事例

動画でご覧になりたい方はコチラ

遺産隠しとは何か?

「遺産隠し」とは、お亡くなりになられた方(被相続人)の財産を管理していた人が、相続財産に関する情報を開示しないことです。

また、このような場合、被相続人に無断で、被相続人の財産を自分の名義に変えたり、使用したりしていることが多く、特に被相続人の預貯金の無断での引き出しや解約が問題となることが多いです。

これらを「遺産の使込み」「無断引き出し」「不正出金」などと呼んでいますが、遺産を使い込まれた場合、相続人は、遺産を使い込んだ人に対して、使い込んだ遺産を返還するよう請求することができますが、そのためにはその人が遺産を使い込んだことを証明する必要があります。

逆に、遺産を使い込んでいないにもかかわらず、遺産を使い込んだと疑われている場合については、「遺産を使い込んだと疑われている」をご覧ください。

隠された遺産を調査する方法

取引履歴の取寄せ

遺産隠しや使い込みを疑われている人が相続財産を開示してくれればよいですが、そう易々と自分が管理している相続財産を開示してくれるとは限りません。

そのような場合には、自ら預貯金等の取引履歴を取り寄せたり、銀行に調査を掛ける必要があります。

相続人であれば取引履歴を取り寄せることができますが、自分で金融機関所定の書類を集めなければなりませんので、面倒かもしれません。

弁護士の場合には、費用は掛かりますが、お客様から委任状をもらって取り寄せたり、場合によっては弁護士会を通じた照会によって、取引履歴を取り寄せることが可能です。

取引履歴の調査

取引履歴を取り寄せると、不自然な出金や解約がないかを調査することになります。

一度に多額の出金や継続的に不自然な出金があった場合、不必要な解約があった場合には、使い込みが疑われます。

取引履歴には様々な情報が集約されています。他の金融機関の被相続人名義の口座への振込履歴がある場合には、その金融機関に被相続人名義の口座が残っている可能性が考えられますし、被相続人が年金受給者であったにもかかわらず取引履歴に年金の入金記録がない場合には、やはり他の金融機関に被相続人名義の口座がある可能性が考えられます。

このような相続財産を綿密に調査するには、証拠読みのプロである弁護士が必要です。

遺産の使込みの証明には、他にも証明しなければならないことがあります。詳しくお知りになりたい方は、「遺産の使込みを証明したい」をご覧ください。

口座がある金融機関が分からない場合

このような場合には、被相続人の財産を管理していた相続人に聞くほかありません。といっても、遺産隠しをしている相続人が、他の相続人から求められて、安易に開示するとは思えませんので、遺産相続に強い弁護士にご相談いただく必要があるように思います。

1000万円以上の遺産隠しを発見した事例

無料相談に至る経緯

ご相談者様はお亡くなりになられた被相続人のご兄弟だったのですが、被相続人の妻から、預金の残高も取引履歴も示されないまま、口座の解約に協力するよう一方的に求められて不安になり、リンクスの無料相談にお越しになられました。

無料相談におけるご提案

リンクスの弁護士は、無料相談の際に、次のようなご提案をさせて頂きました。

  1. 被相続人の妻に預金の残高証明や取引履歴を開示するよう求める。
  2. 開示されない場合にはリンクスの方で取り寄せて調査する。
  3. 不正出金があれば被相続人の妻の相続分から差し引いてもらう。

ご相談者様は、リンクスの弁護士の方針に納得され、ご依頼を受けることとなりました。

解決方法

以上のような段取りで進めたところ、不正出金が1000万円以上明らかとなり、その額は被相続人の妻の取り分から差し引くことで、遺産分割協議がまとまりました。弁護士が遺産の返還を求めるためにどのようなことをしているかについてさらに詳しくお知りになりたい方は、「遺産の返還を求めたい」をご覧ください。

遺産相続に強い弁護士への無料相談が必要

このように、遺産隠し・使込みには様々な難しい問題がありますので、遺産相続に強い弁護士への無料相談をされることをお勧めしております。

遺産相続の専門家には、弁護士のほかに、司法書士、税理士がいます。

司法書士は登記の専門家、税理士は税の専門家ですが、法律や交渉の専門家ではないため、法的に難しい問題が生じた場合や交渉が必要な場合に対応ができません。

弁護士は、遺産相続の手続にも紛争にも精通しておりますので、遺産相続の最初から最後までトータルサポートさせて頂くことが可能です。

法律事務所リンクスでは遺産相続問題に強い弁護士が無料相談を実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

リンクスの遺産使込み被害救済サービス

相続財産調査サービス

サービス内容

    1. 弁護士会照会などを必要に応じて利用し、相続財産を調査します。
    2. 財産目録を作成して、お客様に分かりやすく説明します。
    3. 今後の進め方について簡単なアドバイスを差し上げます。

    サービス料金

    サービス内容 着手金 報酬
    財産調査・財産目録作成 5.5万~

    ※1 弁護士費用とは別に実費(各種資料取得費用、通信費等)がかかります。

     

    遺産返還請求サービス

    サービス内容

    1. 弁護士の調査権限等を利用して、遺産隠し・使い込みがないかを調査します。
    2. 取り寄せた資料を基に、返金してもらう額を確定します。
    3. お客様の代理人として、遺産の返還交渉をします。

    サービス料金

    取得額 着手金 成功報酬
    ~300万円に当たる部分 33 22%

    ~1000万円に当たる部分

    16.5%
    1000万円を超える部分 11%

    ※1 弁護士費用とは別に実費(各種資料取得費用、通信費等)がかかります。

    The following two tabs change content below.
    藤川真之介

    藤川真之介

    弁護士法人法律事務所リンクス(京都弁護士会)代表弁護士。遺産相続に取り組むにあたっては、「敷居を低く、わかりやすく」をモットーに、①60分の無料相談②複雑な遺産相続問題を図表を用いて分かりやすく説明することとしている。京都大学法学部卒業。2007年弁護士登録(登録番号35346)。
    藤川真之介

    最新記事 by 藤川真之介 (全て見る)

    遺産相続問題解決のための3つのポイント

    • 弁護士がじっくりお話を伺える60分無料相談

      弁護士が遺産相続問題について適切なアドバイスをさせて頂くには、ご相談者様のお悩みやお考えになっていることをじっくり伺う必要があります。
      法律事務所リンクスの遺産相続に強い弁護士による無料相談は、ご相談者様のお話をじっくり伺えるように、相談時間を60分ご用意させて頂いております。

    • 遺産相続の流れを図で分かりやすく説明

      弁護士が遺産相続問題について適切なアドバイスをさせて頂くには、ご相談者様のお悩みやお考えになっていることをじっくり伺う必要があります。
      法律事務所リンクスの遺産相続に強い弁護士による無料相談は、ご相談者様のお話をじっくり伺えるように、相談時間を60分ご用意させて頂いております。

    • 相続税の問題も税理士と連携で安心

      弁護士が遺産相続問題について適切なアドバイスをさせて頂くには、ご相談者様のお悩みやお考えになっていることをじっくり伺う必要があります。
      法律事務所リンクスの遺産相続に強い弁護士による無料相談は、ご相談者様のお話をじっくり伺えるように、相談時間を60分ご用意させて頂いております。

    075-353-4116