遺産分割調停を申し立てて不動産の鑑定をして2000万円相当の遺産の取得を認められた事例

無料相談の経緯

  • 被相続人 父
  • 相続人 依頼者:長男(2分の1) 相手方:義母(2分の1)
  • 相続財産 長男居住不動産①(不明)、義母居住不動産②(不明)、預貯金(800万円)

お父様が亡くなられました。長男は前妻の子で、義母との間で遺産分割について話し合うのが難しいとのことで、リンクスの無料相談を利用されました。

リンクスからの提案

  1. 不動産の査定
    不動産の評価が問題になるので不動産の査定を取る。
  2. 遺産分割協議
    不動産の評価について遺産分割協議をする。
  3. 遺産分割調停
    不動産の評価について折り合えなければ遺産分割調停を申し立てる。

1 不動産の査定

長男の居住する不動産と義母の居住する不動産の価値が分からないため、預金をどのように分けると全体として2分の1になるのかが決められず、遺産分割ができない状況です。

不動産の価値は市場価格(時価)とするのが原則ですが、双方が固定資産評価額や路線価で同意できるのであればそれでも構いません。

ただ、不動産屋に依頼すれば市場価格の査定をしてくれることが多いので、まずは簡易な査定を取ることが多いです。

本件で査定を取ったところ、長男居住不動産は1200万円、義母居住不動産は2000万円という評価でした。

不動産の評価方法について詳しくお知りになりたい方は不動産評価査定鑑定

2 遺産分割協議

リンクスの弁護士は、この査定を基に、長男が居住不動産1200万円+預金800万円を取得し、義母は居住不動産2000万円を取得する遺産分割案を提案しました。

これに対し、義母側の弁護士は、義母の居住不動産の査定が高すぎるし、長男の居住不動産の査定が安すぎるという回答をしました。

そこで、リンクスの弁護士は、義母側の方で査定を取るよう求めましたが、義母側の弁護士はなかなか査定を取らず。時間だけが過ぎて行きました。

他の相続人が不動産の相続に応じない場合について詳しくお知りになりたい方は土地不動産単独相続

3 遺産分割調停

リンクスの弁護士は、埒が明かないと考えたので、速やかに遺産分割調停を申し立てることにしました。

調停委員からは、全部の預金が長男に行くことへの抵抗が示されましたが、義母側が査定を提出しない以上、こちらとしても譲歩できないということになりました。

結局、不動産の評価額で折り合いがつかなかったため、不動産鑑定を実施したところ、当方の査定がほぼ正しいことが認められ、長男は居住不動産1200万円+預金800万円を取得することに成功しました。

遺産分割調停について詳しくお知りになりたい方は遺産分割調停

このコンテンツの監修

藤川真之介 弁護士の写真

弁護士法人法律事務所リンクス
代表弁護士 藤川 真之介

ページトップに戻る

無料相談の申込の流れ

  1. まずはお電話にてお申し込み下さい
    お電話、メールフォーム、LINEにて無料相談のご予約をお受けいたします。
    お電話の受付時間外の場合は、メールフォーム、LINEにて「相続の無料相談」とお伝えいただければ翌営業日に折り返しご連絡させていただきます。
  2. ご相談内容のヒアリングをさせて頂きます
    専任のスタッフが現在のご状況等について簡単にお話を伺います。
    相談の前にお話を伺うのは、お客様がお聞きになりたいことをスムーズにご説明するために事前に調査をさせて頂きたいからです。
  3. 無料相談日時の決定
    日程をお伺いして、無料相談の日時を決定させて頂きます。
    もちろんオンライン面談も可能です。
    ご依頼頂いた場合の弁護士費用についてもご説明させて頂きますが、ご相談だけで終了し、ご依頼を頂かないということでも構いません。
    ここまでのステップに関しましてはすべて無料です。
    ご依頼いただく場合は契約書を作成し、今後の方針や進め方について具体的にご説明させて頂きます。
    無料相談の日時が決まりましたら、京都四条烏丸または滋賀大津駅前のオフィスにお越し頂いて相談を実施します。
    もちろんウェブ相談も可能です(ウェブ相談について詳しくはコチラ)。

無料相談のみで解決
される方も多数
お気軽に
ご相談ください。

  • 京都四条烏丸
  • 滋賀大津駅前

アクセス

LINXは京都・四条烏丸の事務所です。
新町通四条下るCUBE西烏丸4階

詳しく見る

アクセス

LINXは滋賀大津駅前北口徒歩1分。
日本生命大津ビル6階

詳しく見る