お気軽にお電話ください。075-353-4116
menu
  1. 京都の相続放棄に強い弁護士の無料相談
  2. 相続放棄を依頼したい

相続放棄を依頼したい

相続放棄の流れが知りたいのですが?

相続放棄をご依頼頂く場合の流れ

相続放棄をご依頼頂く場合の流れは次のとおりです。

  1. お客様に無料相談にお越し頂き、相続放棄を希望される理由を伺います。
  2. 当事務所で相続放棄に必要な書類を準備します。
  3. 当事務所が代理人となって相続放棄を申し立てます。
  4. 家庭裁判所から数週間以内に照会書という書類が送られてきますので、回答して頂きます。
  5. その後1~2か月程で、相続放棄が受理され、家庭裁判所から通知が送られてきます。

相続放棄が認められるためのポイント

相続放棄が認められるには、次の2つの条件をクリアしている必要があります。

  1. 相続放棄の申立てが3か月以内(例外あり)にされたこと
  2. 法定単純承認(相続を承認する行為)をしていないこと

① 相続放棄の申立てが3か月以内にされたこと

3か月以内の申し立てが原則

相続放棄の申立ては、被相続人が亡くなって自分が相続人であることを知った時点から、原則3か月以内にする必要があります。

この間に、戸籍などの必要書類の収集を早急に行い、相続放棄申述書を作成する必要がありますが、一般の方にとって大変な作業になります。

3か月以内の申立てが難しければ期間延長の申請が必要

相続放棄するか否かの判断を3カ月以内にすることがどうしても難しい場合には、相続放棄を検討する期間(「熟慮期間」といいます。)の延長を申し立てる必要があります。

熟慮期間を延長しないまま3カ月が経過した場合、原則として相続放棄はできません。

例外的に3か月経過以後の相続放棄が認められる場合

3か月以内に相続放棄ができなかった特別の事情があれば、例外的に相続放棄が認められることがあります。

具体的には、次の3つの条件がそろった場合です。
①被相続人に相続財産が全くないと相続人が信じていた
②相続財産が全くないと信じていたことに正当な理由があった
③被相続人との関係、その他の事情からして、相続財産の調査をすることが困難であった

十分な説明をしないまま相続放棄を申し立てると、相続放棄が却下される危険性があります。相続放棄の申し立ては1回しかできず、やり直しができません。

特別の事情を裁判所に認めてもらう可能性を高めるには、法律の専門家である弁護士に書面を作成してもらうことが望ましいです。

② 相続を承認する行為をしていないこと

下記のような行為は、相続を承認したものとみなされ、相続放棄できなくなる可能性がありますので、ご注意ください。

なお、相続人が意図せずに下記のような行為をして家庭裁判所に相続放棄を申し立てた場合、家庭裁判所もこれに気付かず、相続放棄を受理することがありますが、債権者がこれに気づけば相続放棄の効力を争われるおそれがあります。

相続財産の一部または全部の処分

相続財産を処分した場合、相続を承認しているのと同じになりますので、相続放棄が認められなくなる可能性があります。

被相続人の借金や滞納金の支払

相続財産を使って支払った場合には、相続の承認とみなされる可能性があります。

もし、どうしても支払わなければならないのであれば事情を説明して、相続放棄後に自分の財産から支払うことをお勧めします。

形見分け

明らかに経済的価値のないものであれば相続の承認とまでは評価されませんが、経済的価値がある場合には、相続の承認と評価される可能性があります。

相続放棄後について

相続放棄をした人は負債の相続を免れることができますが、これで相続手続が終わるわけではありません。

仮に、第1順位の相続人(例えば被相続人の配偶者と子供)が相続を放棄した場合、本来相続人でなかった第2順位の相続人(例えば被相続人の親)が相続することになるからです。

この場合、第2順位の相続人も負債を相続したくなければ、やはり相続放棄をすることができます。

なお、第2順位の相続人は、第1順位の相続人が相続放棄をしたことを知らなければ自分に相続が開始したことが分かりませんので、第1順位の相続人が相続放棄をしたのを知ってから3か月以内に相続放棄をすればよいことになります。

第1順位の相続人としては、第2順位の相続人に相続放棄をするかしないかを検討する機会を与えるため、相続放棄が完了したことを第2順位の相続人に知らせることが望ましいです。

第1順位の相続人としても、誰かが財産と負債を相続するまでの間、遺産を管理する義務を負いますので、遺産の管理義務を終えるためにも順次相続放棄手続を進めていく必要があるのです。

遺産相続に強い弁護士への無料相談が必要

このように、相続放棄には様々な難しい法律問題がある上に、申立期間も3か月と制限されておりますので、早急に遺産相続に強い弁護士への無料相談をされることをお勧めしております。

相続放棄というと、行政書士、司法書士、税理士などが思い浮かぶ方もいらっしゃるかもしれませんが、行政書士は行政文書の専門家、司法書士は登記の専門家、税理士は税の専門家であり、難しい法律問題に精通しているとは限りません。

弁護士は、遺産分割の難しい法律問題にも精通しておりますので、遺産相続の最初から最後までトータルサポートさせて頂くことが可能です。

法律事務所リンクスでは遺産相続問題に強い弁護士が無料相談を実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

相続放棄の弁護士費用

死後3か月以内の場合

相続放棄する方の人数 着手金 報酬
1人目 15万

2人目

10万
3人目以降 5万

※1 弁護士費用とは別に実費(各種資料取得費用、通信費等)がかかります。

※2 弁護士費用は消費税別です。

死後3か月を経過している場合

相続放棄する方の人数 着手金 報酬
1人目 30万

2人目

10万
3人目以降 5万

※1 弁護士費用とは別に実費(各種資料取得費用、通信費等)がかかります。

※2 弁護士費用は消費税別です。

遺産相続問題解決のための3つのポイント

  • 弁護士がじっくりお話を伺える60分無料相談

    弁護士が遺産相続問題について適切なアドバイスをさせて頂くには、ご相談者様のお悩みやお考えになっていることをじっくり伺う必要があります。
    法律事務所リンクスの遺産相続に強い弁護士による無料相談は、ご相談者様のお話をじっくり伺えるように、相談時間を60分ご用意させて頂いております。

  • 遺産相続の流れを図で分かりやすく説明

    弁護士が遺産相続問題について適切なアドバイスをさせて頂くには、ご相談者様のお悩みやお考えになっていることをじっくり伺う必要があります。
    法律事務所リンクスの遺産相続に強い弁護士による無料相談は、ご相談者様のお話をじっくり伺えるように、相談時間を60分ご用意させて頂いております。

  • 相続税の問題も税理士と連携で安心

    弁護士が遺産相続問題について適切なアドバイスをさせて頂くには、ご相談者様のお悩みやお考えになっていることをじっくり伺う必要があります。
    法律事務所リンクスの遺産相続に強い弁護士による無料相談は、ご相談者様のお話をじっくり伺えるように、相談時間を60分ご用意させて頂いております。